蒸し暑い夜、月明かりの中で何も身に付けず生まれたままの姿で田舎道を海岸へと歩いていた夏恋。街灯のない夜道に汗ばんだ肌を光照らすように浮かび上がっていた彼女の裸身は、良平の腕の中に無理矢理収められていた。

視聴回数 903回

お気に入り追加